2009年11月11日水曜日

android アプリ LDReader を マーケットに公開しました

android で動く LDReader という livedoor Reader クライアントを作ってみました。

androlib.com: マーケット紹介ページ
code.google.com: Google Code プロジェクトページ

今のとこ 30件ぐらいダウンロードがあります。(紹介ページの星 4つは、つい自分で押してしまいましたw)

この LDReader については何回か書いていきたいなと思います。

LDReader とは:
定期的にサーバと通信して端末内に情報を保存し、オフラインで RSS の内容を閲覧できるのが特徴です。端末で独自に既読/未読の管理を行います。表示形式はフラットのみです。

作った経緯:
android を入手して最初にほしいなと思ったアプリケーションで、探しても良さそうなのが見つけられなかったためです。地下鉄での移動が多いのでオフラインでも更新をチェックできることを重要視しました。

Google Code でソースコードを公開した理由:
android の SDK やその特性は少しクセがあって作るのに結構苦労しました。つまづいた点の紹介をしたかったのと、ここはこれでいいのか?という疑問を持ったままリリースしたのでツッコミがほしかったのが一番の理由です。
オープンソース版の FastLadder もあるし、作ったのものをオープンにしてみたかったのもありますね^^

追加で考えている機能:
・未読数と最新記事の何件かが表示されるウィジェットに対応する。
・記事検索ができるように。
・キャッシュ記事のクリア。
・表示形式を livedoor Reader 本家と同じく、フォルダやレートに対応する。
・FastLadder に対応する。(fastladder.org と任意のドメイン)
・ピンをつけれるようにする。
・レートをつけれるようにする。
・android ではあまり見ないフィードを隠す。

開発元は株式会社トライキャッチとしました。
パッケージのドメインは org.jarx.android を使ってます。オープンソースモノはこのドメインを使っていこうと思ってます。そのうちウェブページも充実させないと。。

1 件のコメント:

masahiro さんのコメント...

ダウンロードさせていただきました。
やはりピンがほしいです。